親を見れば、子供が優秀かどうか、なんとなく分かります。次男の3者面談がありました。

未分類

今日は、午前中からの仕事でした。

朝から、仕事に行きたくない病、勃発!

仕事内容が嫌なのか、人が嫌なのか…。

答えは、どちらも嫌(^_^;)

でも、『我慢できないほど嫌』という訳ではないので、気持ちがくすぶっているんですよね。

一緒にシフトに入っているK’さん。

12年勤務のベテランさんです。

その方、口調がきついんです…。

(店長からも、何度も指導が入っています。お客様に対しても、同様なので(^_^;))

そして、重箱の隅をつつくように他人のミスを指摘する(-_-;)

上記の事は、他のパートさんも同様の事を言われていましたね…。

あまりに細かい指摘ばかりをされると、仕事に対する士気も失われてしまいます。

K’さん、自分の子供さんの事を「馬鹿に育ってしまった」「うちの子、ボーッとしてるから社会で適応できるか心配」などと、よく話をされるのですが、『子供さんがなぜ、そんな風に育ってしまったのか…。』なんとなく分かるような気がします。

こんなことを言っては失礼なのですが、実際、優秀なお子さんではありません。

対して、店長のお子さん。

とっても優秀なのです。

2人のお子さんは、塾なし、滑り止めなし、現役で国立大学を卒業されています。

でも、店長を見ていると、『どうして優秀なお子さんが育ったのか?』凄く分かるんですよね。

店長として、社員教育は大変な仕事の一つだと思うのですが、その教育が、凄く上手なんです。

具体的な例ですと、

・先ほど、○○なミスをしていましたね。気を付けてくださいね(^^)でも、接客は凄く上手になりましたよ(^^)その調子で(^^)(終始、笑顔)

・(荷物運びをお願いする場面で)さすが○○さん‼(^^)だてに、3人の子育てはされていませんね(^^)荷物の持ち方も、子供さんを抱っこされている時みたいに、安定感があります(^^)(終始、笑顔)

・商品の並べ方、凄く上手になりましたね(^^)ベテランのK’さんより、上手ですよ!私好みの商品の並べ方です(^^)(終始、笑顔)

こんな感じで、私の傍を通るたびに、チョコチョコと褒めてくださるのです。

俄然!『もっと頑張るぞ!!』

という気持ちになります。

お店に対して、もっと貢献したい気持ちになってきます。

その時、「( ゚д゚)ハッ!」としたんですよね…。

『私、子供に対して、店長みたいに接することができているかな…。』

我が子も、良いところはたくさんあるのです。

でも、子供達には、ついつい重箱の隅をつつくようにミスを指摘したり、小言ばかり言って聞かせたり…。

今日は、午後から次男の3者面談がありました。

店長の事を思い出し…。

その場では、次男の事を思い切り褒めました(^^)

次男もとても嬉しそうでしたし、担任の先生からも、ありがたい事にたくさんほめていただけました。

(成績の事は別として…(^_^;))

私も、気分が良かったなぁ…。

(良い言葉をたくさん発したので(^^))

話は変わりますが、店長は、従業員のほとんどから慕われています。

他のパートさんも話されていましたが、「あんなに良い店長は、あまりいないよね。」

私も同感です。

いろんな職場を転々としてきましたが、すべての職場に学びはありました(^^)

~今日のお弁当~

次男弁当のみ

~今日の夕食~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました