義理両親に私たちの将来の意向を話してきました。

未分類

今日は午前5時半起き。

朝食とお弁当を作って、ルーティン掃除をした後、仕事に行きました。

昨日、義理両親に、私たちの将来の意向を話してきました。

①実家(地元)には戻らないこと

②金銭的な援助は出来ないこと

③つきっきりの介護は出来ないこと

以上の3つです。

①について

実家は田舎です。

私たちは将来、家を建てるつもりはありません。

賃貸で暮らしていこうと思っています。

定年退職した後は、車も手放そうと思っています。

都会は、病院やスーパー、公共交通機関や公共施設などが充実しています。

老後こそ、都会にすむべきだと思っています。

②について

子供3人、奨学金なしで大学に行かせる予定です。

そうすると、費用は約2000万越え。

子供3人が大学を卒業するころ、夫は55歳。

定年退職まであと5年です。

その5年間で、自分たちの老後の資金を貯めないといけません。

自分たちのことで、精いっぱい。

援助が出来ないことを伝えました。

③について

地元に戻らないので、必然的に、つきっきりの介護は難しくなります。

基本、自立して生活していく。

年齢を重ねて生活が難しくなれば、ヘルパーさんの助けを借りつつ、自力で生活を続ける。

一人暮らしが難しくなれば、老人施設に入所する。

それが親と子供、両方にとって一番良い方法だと伝えました。

(上記の事は、自分たちにも言えることです。義理両親は、子供には迷惑をかけたくないと言ってくれています。)

上記を伝えたうえで、私たち夫婦ができることを話しました。

①金銭面で余裕のある時は、旅行や食事に行き、思い出をつくる。

②これまで通り、里帰りをして顔をみせる。

③入院手続きなど、身内しかできないことは、お手伝いする。

以上の3点です。

それに対して、義理両親は理解してくれました。

でも、ショックは受けていたと思います。

子供から、はっきりと気持ちを伝えられたわけですから。

金銭面は援助できないと伝えましたが、おそらく義理両親、貯金はないと思います。

(話し合いの時、雰囲気で察知しました。)

義理両親共に、76歳。

義理父は、現役で働いています。

少しでも老後準備のために貯金をしておいてもらいたく、今回はあえて、金銭の事を話しました。

話し合いが終わった後は、4人そろって食事へ。

奮発しました(^^)

食事が終わった後は、ショッピングモールで、義理母に洋服と靴をプレゼントしました。

お互いに気持ちよく話し合いができたと思ったのですが…。

帰宅後に、ひと悶着ありました。

それは、明日の記事で書きたいと思います…。

~今日のお弁当~

~今日の夕食~

初めて国産のマンゴーを食べました(^^)

~今日の夕食~

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました