義理両親と老後についての話し合い②

未分類

今日は仕事がお休み(^^)

以前は週5日勤務でしたが、現在は週4日勤務です。

私の年齢くらいになると、お金も大切ですが、時間も大事。

今日はいつものルーティン掃除もマイペースに出来て、ゆったりと過ごしています。

昨日のブログの続きです。

義理母の『子に対する執着』と書き込みましたが、少々意地悪な言い方ですよね(^_^;)

母親が、子供を傍に置きたがるのは、当然なのかもしれません。

お腹を痛めて産んだ、かわいい我が子ですから。

私が義理母に対して、『自分の子供(または身内)には、いつも傍にいてもらいたい。』と思っているのだろうな。と感じたいきさつは、ほかにも何点かあります。

・義理姉が結婚する時、県外に嫁ぐことになりました。義理姉が、結婚式の準備の話を義理母にするたびに、ボロボロ涙を流していたそうです。県外に嫁がせるのが寂しくて。

(義理母から話を聞きました。)

・夫の就職が決まった時に、県内と県外、両方内定をもらいました。その時、義理母は、県内にいてほしかったそうです。でも、義理父から「男だったら挑戦してみろ。」と背中を押され、夫は県外勤務を決めました。

・義理妹には、娘3人がいます。長女は地元に就職を決めました。でも、次女は県外になりました。その時、「次女は県外に就職したけれど、長女は地元にとどまってくれた。」と嬉しそうでした。

・老後の話し合いで、「地元に戻るつもりはない。」と話したにもかかわらず、定年した後は、(私の夫が)会社に行かなくてもよくなるのだから、いつでも地元に帰ってこられるね。と夫を見ながら返事をうながしていた。(夫は、目を合わせないようにしていました…。)

私は、子供達が幸せに暮らしているのであれば、どこに住んでもらおうが特に気になりません。

長男だろうが、次男だろうが、親の事など気にせず、自分の人生を最大限謳歌してほしいと思っています。

子供の足かせになりたくありません。

正直、夫さえ傍にいてくれたら、それだけで十分なのです。

私がそう思えるのは、夫と仲が良いからなのかもしれませんね。

義理母は、長男の嫁でした。

同居はしていなかったのですが、義理実家に行くたびに、義理父からいじめられていたそうです。

(酒癖の悪い義理父だったそうで、酒を飲むたびに絡んできたそうです。)

そんなことがあって、義理母は、自分の義理父が大嫌いになりました。

(義理両親と同じお墓に入りたくなくて、ほかにお墓を借りているほどです。長男の嫁でしたが、義理両親は施設に預け、老後の面倒はみませんでした。介護経験もありません。)

いつも、自分の夫に義理父の不満を打ち明けていたそうです。

(詳しい事は割愛しますが、涙ながらに義理父の事を、よく私に話してきました。)

そんな状態だったのですが、ある時、自分の夫が浮気をしてしまったんです。

義理父に、毎度のようにいじめられ、頼りになるのは自分の夫だけ。

それなのに、自分の夫は浮気をしていた。

その時の義理母の心境を考えると、いたたまれない気持ちになります。

浮気が分かった時、自分の子供と一緒に自分の夫を探し回ったそうです。

(その子供が私の夫です。)

義理母は、その時、夫は裏切るけれど、自分の子供は裏切らないと思ったのかな。

普段見た感じでは、義理の両親は、仲は良い風に見えるのですが、なんとなく2人だけでは間が持たない?という雰囲気も感じる事はあります。

『執着』といったら大げさになるのかもしれませんが、とにかく『自分の子供達には傍にいてもらいたい!見捨てないで!!』という雰囲気をプンプン感じてしまうので、(特に義理母)そういう事があったからかなぁ?と思った次第です…。

勝手な解釈ですが…。

老後の話し合いをすませた後、最後に私たちの子供たちにお小遣いを持たせてくれました。

「なんだかんだ言っても、結局、頼りになるのは身内だけだから!!!」

と義理母。

だから…。

それが重いんだってば。

本当に「子供の世話になるつもりはない。」って思ってるのかな。

話し合いはしましたが、心の中はモヤモヤ…。

霧が晴れません。

備忘録と心の中の整理を兼ねて、まだお話は続きます…。

~今日のお弁当~

地鶏弁当(^^)

~今日の夕食~

冷蔵庫内の野菜を集めてシチューです(^_^;)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました