私の洋服の収納方法。選び方。

40代になるまで、自分の事が分かっているようで、分かっていなかった…。

だから、買い物も沢山失敗してきました。

洋服や靴、カバンなどは特に!!ですね(-_-;)

服がたくさんあるのに、いつも着ている服は同じもの。

そして、保護者会での夜の集まりの時などは、決まって着ていく服がなくて大変でした。

(わざわざ、その場しのぎにバタバタ洋服を買いに行くこともありました💦)

「なぜなんだろう?」

と、収納ケースにある洋服を見て考えました。

着ていない洋服って、

・人から勧められた洋服(自分は好きじゃないけど、『似合うよ!』といわれたから購入した服)

・自分好みではないけど、この洋服を着たら『女性らしくいられるのではないかな~?夫も喜んでくれるかもしれない!』と、思えるようなフェミニンな服

・いつも同じような色を着ているから、『たまには違う色を!!顔色がよく見えるかも!!』と思って選んだ服

でした。

私が好きな洋服は

・着ていて疲れない動きやすい服(ストレッチ性のある物)

・パンツスタイル

・シンプルな定番デザイン

・好きな色は、ライトグレー、カーキ、紺、黒、青

です。

靴やバックもほぼ同じような感じで、プラス軽量タイプでお手入れも簡単な物が好きです。

なので、思い切って2年前くらいに洋服の収納ケースを全部処分してしまいました。

そして、一つの部屋を家族全員分のウォークインクローゼットにして洋服は全部ハンガーにかけるようにしました。

そうするまでに、凄く勇気がいって思い悩んでいたのですが

いざやってみると、洋服はハンガー掛けなので一目瞭然。

物凄く、管理が楽になりました。

家族皆、洋服の上は5枚、下は4~5枚程度。

洋服を少なくした分、被服費にあまりお金がかからないようになったので、その分少し質の良い洋服を購入するようになりました。

そして、洋服の手入れも丁寧にするようになりました。

(セーターは自宅で手洗い。セーターやTシャツなどにも、丁寧にアイロンを当てます(^^))

すると、家族の満足度も上がって嬉しい事ずくめでした(^^)

このことを参考にした本があります(^^)

一田憲子さんの

「丁寧に暮らしている暇はないけれど。」

と、いう本です。

私にはセンスもないし、物にもこだわりがないですし、雑貨などにも興味がありません。

でも、このような生活系のエッセイ本を読むのは大好きです。

一田さんは、着ている洋服も、持っているすべての物がとてもセンスが良くて洗練されています。

写真付きの本は見ているだけでも、こちらの気持ちをわくわくさせてくれます。

一田さんが大好きで、本を出版されるたびに購入しています(^^)

~茶色のお弁当💦明日は買い物にいけるので、来週からは少しは彩の良いお弁当を作ってあげられるかな💦~

コメント

タイトルとURLをコピーしました