祖父のこと。

未分類

今日は月曜日。

一週間の始まりです。

でも、今週は4日勤務✨

週末は3連休がまっています。

嬉しい~( ;∀;)

仕事をすると、休日のありがたさが身に染みます。

毎日が日曜日だと、こうはいかないでしょう…。

暇になると、人間はろくでもないことを考えがち(^_^;)

考えてもしょうがない過去のことや、未来へのいきすぎた心配。

働けるうちは、ありがたく働かせてもらおう✨

昨日、お店で倒れた方の事を考えていたら、祖父の事を思い出しました。

祖父は、96歳で亡くなりました。

老衰です。

認知症になる事もなく、家族に長期の介護をさせることもなく、眠るように亡くなりました。

(亡くなる3か月前に体が弱り、食欲もなくなって、寝たきりになりました。それまでは普通に生活していました。)

臨終の時、医師から言われました。

「僕もこんな風に亡くなりたい。」

祖父は、私の母の父です。

同居していましたが、基本、自分の事は自分でするし、頭もしっかりしていました。

自分の資産も、自分できちんと管理していました。

96歳になっても。

(資産もしっかり残していました。)

自分が40代後半に差し掛かり、祖父がいかにしっかりしていたのか…。

今ならよく分かります。

(若い時は、分からなかった…。)

90歳まで生きられるかどうかも怪しいところですが、その前に、認知症になるのではないか。

40代後半の私、もの覚えも悪く、物忘れも激しい。

不安になる時があります。

祖父は健康にとても気をつけていました。

そんな祖父が心掛けていたこと。

①早寝早起き。

(朝は5時に起床。夜は19時に就寝。)

②朝夕の散歩。

③3食きちんと食べる。

(特に野菜を食べていました。お茶碗に大盛の白米。食欲旺盛でした。)

たったこの3つだけ。

間食はあまりしませんでしたが、母からお茶に誘われると、おまんじゅうなどは2つほど食べていました。

たばこは元々吸いませんでしたが、お酒は呑んでいました。

(コップ一杯のみ。お湯割りの焼酎です。夕食時に。)

そのお酒も、70代の時に大病を患い、きっぱりと辞めました。

(意思がとても強いのです。)

体型は、普通体型。

痩せても太ってもいません。

筋肉質で、割とがっしりしていました。

(お腹も引き締まっていました。)

祖父のような生活を意識したら、ピンピンコロリと逝けるかな。

今は仕事や子育てで忙しく、祖父のようにはいかないけれど。

子育てが終了し、夫と二人の生活になったら、上記のことを実践してみようかな。

とにかく、周りに迷惑だけはかけたくない。

~父がひとりで死んでいた、如月サラ著~

この本を読み終わり、強くそう感じました。

~今日の夕食~

~今日のお弁当~

コメント

タイトルとURLをコピーしました