橋田寿賀子さんの本「安楽死で死なせてください」

今日は、仕事がお休みでした(^^)

朝から凄い解放感(^^)

午前中に家事を済ませて、動画を見ながら昇降運動。シャワーをあびて買い物へ。

無性にビールが吞みたくなりお昼から、タコわさとチョコをおつまみにして、ネットサーフィンをしていました💦

すると、橋田寿賀子さんの本に出会いました。

「安楽死で死なせてください」という本を出されていて、その本のレビューを書いていらっしゃったブロガーさんがいました。

内容をサラッと読み、とても共感しましたので、橋田さんの本をすぐネット注文しました。

「子供も将来親を頼りにはしてはいけないけど、親も子供を頼りにしてはいけない。」

私は現在40代後半で、義理両親、実の両親、共に健在です。

両親は70代中~80代前半ですので、介護の話などは、自然と私の中のアンテナが作動します。

両親が健在の時に、生前整理?のような感じで、話し合いを設けておいたほうが良いとはよく言われていますが、自分の両親に相談できても、義理両親に面と向かって相談ってしずらいですよね…。

なにか、解決できそうな糸口が見つかれば良いかな(^^)と思っています。

ちなみに、私には子供が3人いますが、子供たちには小さなころから

「親が子供の面倒を見るのは、学生の間だけ。学生が終わったら自宅から出て、自分で生活していってね。その間に、出来ることは親として全力でサポートするからね。」

と、言い聞かせてきました。

小学校までは、子供たちが学習に取り組みやすい環境に気を配り、学習面やスポーツもサポートしました(^^)

さすがに中学生以降は、塾に💦

子供の成長に合わせて、子育て4訓

1.乳児は肌を離すな

2.幼児は肌を離せ、手を離すな

3.少年は手を離せ、目を離すな

4.青年は目を離せ、心を離すな

をなるべく胸に…( ;∀;)

自分で生きていく力を将来つけてもらえるよう、当時は必死でした💦

子育てはなかなか奥が深く、いろいろと悩みも尽きませんでしたが、上2人も大学生、末っ子は高校生になりましたので、実質子育ても終盤ですね(^^)

子供にこれだけのことを言っていますので、もちろん私たち夫婦も子供に頼るつもりありません(`・ω・´)

子供には子供の人生がありますからね。

言葉では簡単でも、実際私たちが年老いたときに、胸をはっていえるかなぁ💦

そのためには❣

お金と健康が必須ですよね!!

貯金をせっせと頑張り、投資の勉強もしておかなければと思っています。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安楽死で死なせて下さい (文春新書) [ 橋田 壽賀子 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/12/24時点)

楽天で購入

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました