あまり怒らない人とはどんな人?

仕事

今日もイヤイヤながら(^_^;)

お仕事をなんとか頑張ってきました。

今日は、午前中からのお仕事なので、K’さんと一緒。

K’さんと一緒の時は、いつもへんな緊張感があります。

『今日もなんとか無事に仕事が終われば良いな~。』と思いながらレジをこなしていたところ…。

問題は起こりました(^_^;)

K’さんも傍でレジ業務をしていたのですが。

その時、お客様の商品を床に落とされたのです。

すぐに拾い上げるかと思って様子を伺っていたのですが、拾うことなく、レジ業務をこなしています。

『気付いていないのかな…?』

K’さんに声を掛けました。

(私が拾ってあげればよかったのかもしれませんが、私もレジで接客中でした。)

すると、なぜかその後は不機嫌(-_-;)

入社して一年の私に、指摘されたことが不満だったのでしょうか??

K’さんって、いつもこんな感じなのです。

こだわりも強くて、自分のやり方に固執します。

(そして、それを周りにも強要する…(-_-;))

少しの事でイラッとし、それをすぐに態度や口に出します。

(もう50歳を超えた、よい大人です(-_-;))

少し前に、小林弘幸さんの『整える習慣』を読了しました。

(自律神経の事を専門にされており、他にも何冊か読んだことがあります(^^))

そこに書いてあったこと。

人はどんなときに怒るのか。

もちろんそれはケースバイケースで、性格にもよりますが、反対に「あまり怒らない人」はどんな人だと思いますか。

じつは共通点があって、気持ちに余裕がある人はあまり怒らないものです。

考えてもみてください。仕事も、家庭もうまくいって、人からも信頼され、好かれ、お金の心配もない。健康上の不安もなく、いつも気力が充実している。

そんな人が怒ることは滅多にありません。

~小林弘幸著、「整える習慣」より引用~

なるほどなぁ…。

本当にその通り。

K’さんの大人げない態度に嫌気がさす事も度々ですが、いろいろと事情があるのかもしれません。

実際、周囲の方からの情報で、K’さんの事を小耳にはさんだことがあります。

(それでも、自分のイライラを人にぶつけてもらいたくはありませんが(-_-;))

いつも嫌な気持ちになっていましたが、上記のフレーズを頭に思い浮かべれば、少しは気分も収まるというもの。

自分の人生、いつも本に助けられています(^^)

~今日の夕食~

~今日のお弁当~

雑(゚Д゚;)!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました